ハホニコ 十六油の商品概要と成分に関する特徴 洗い流さないトリートメント・ヘアオイルの口コミ・評判

HOME >  商品紹介 >  ハホニコ 十六油の商品概要と成分に関する特徴

ハホニコ 十六油の商品概要と成分に関する特徴



総合ランキングはこちら

商品概要

ハホニコの十六油は、髪の最外層に存在する18-MEAを守ることに着目したアウトバストリートメントオイルです。

日常的に受ける熱や紫外線から髪を守る18-MEAは、健康的な艶髪を維持する上で欠かせない役割を担っています。パーマやカラーリングによる髪の化学処理や、生活習慣の乱れなどによって毛髪ダメージが進みやすい現代人は、18-MEAを守りにくい状態に陥りやすい実情がありますので、ハニホコの十六油のようなアウトバストリートメントを使ってツヤ髪を保護する習慣も必要だと言えるでしょう。

ハニホコの十六油の使用法は、シャンプー後の濡れた髪に塗布するだけでOKです。ヒーティング対応しているハニホコの十六油を使うと、ドライヤーの熱から髪を守ることもできます。またドライヤーを使用することによって十六油の浸透力も高められますので、髪に悪いと言われる強い熱も、このアウトバストリートメントを塗布すればヘアケアに活用できると考えて良いでしょう。

成分に関する特徴

ハニホコの十六油には、その名のとおり16種類もの天然オイルが配合されています。

《どんな種類の天然オイルが入っているの?》
ハニホコ 十六油のパッケージには、ダイズ油、アーモンド油、ゴマ油、オリーブ油、ヒマワリ油といった健康に良さそうな天然オイルがたくさん並んでいます。また化粧品に配合されることの多いホホバオイルやローズヒップ油なども配合されていますので、ハニホコ 十六油は、紫外線によってバリア機能が低下しやすい頭髪に好循環をもたらせる洗い流さないトリートメントと位置付けて良いでしょう。

《十六油の成分からわかる効果効能》
例えば、ビタミンCたっぷりのローズヒップから抽出した油には、カラーリングや紫外線によって傷んだ髪に自然なツヤを与えられる効果があります。またローズヒップ油には、紫外線によってダメージを受けた肌や頭皮を中性にする作用もありますので、この油をたっぷり踏んだ十六油を使えば、頭皮環境から髪のコンディションを高めることも可能と言えるでしょう。また椿油と似た成分で知られるホホバオイルは、スカルプケアにも多く使われる存在となっていますので、ハニホコの十六油に配合された成分は、頭髪に好循環をもたらすブレンドと捉えて良いでしょう。

総合ランキングはこちら



髪と地肌に良い油が16種類も入ったハニホコ十六油は、あらゆる角度から頭髪に好循環をもたらす洗い流さないトリートメントと言えそうです。この商品はサロン専売品となりますので、美容師さんに髪の悩みを相談しながら、自分に合うタイプを見つけてもらっても良いかもしれません。

この商品を見た方はこちらの商品も見ています
patron エンハンス
オイルセラム
詳細をみる
john masters organics
ジョンマスター
ARオイル(アルガン) 詳細をみる
MOROCCANOIL
モロッカンオイル ジャパン
モロッカンオイル 詳細をみる
La Sana  ラサーナ 海藻 ヘアエッセンス
しっとり
詳細をみる