原因は何?広がってしまう髪を抑えるための3つの方法とは?

HOME >  コンテンツ >  原因は何?広がってしまう髪を抑えるための3つの方法とは?

原因は何?広がってしまう髪を抑えるための3つの方法とは?

2016.12.7

総合ランキングはこちら


朝起きると髪が爆発しているように広がっていたり、せっかくヘアセットしたのに、なぜか広がってくるという人は髪が傷んでいるか、多い可能性があります。

髪の状態を見直せば、広がりも自然に抑えられてスタイリングも自由自在です。
ここでは、広がる髪を抑えるための対策方法を3つご紹介します。

髪が広がるのはなぜ?原因は?

髪が広がる原因は、髪の傷み髪の量の2つあります。
それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

・髪の傷み

髪の毛の表面にはキューティクルがあります。
キューティクルがいろんな刺激によってはがれて傷んでしまうと、その奥に詰まっているコルテックスが流出してしまい、髪の毛の中がスカスカになります。
すると、外気からの水分を含みやすくなり、それによって髪が膨張するのです。

また、水分も均等に含むのではなく、キューティクルの剥がれ具合によってバラバラになるので、髪が広がるだけではなく、うねったりはねたりしてしまうのです。

・髪の量
単純に髪が多いせいで、スタイリングしても広がってしまうという人もいます。
全体的に髪の量が多い人もいれば、後ろだけ、横だけといった部分的に多い人もいます。

髪を広がらせないための対策とは?

それでは、具体的に髪を広がらせないための対策を3つご紹介します。

・シャンプーの後はトリートメント剤を使う
シャンプーの後は、リンスやコンディショナーではなくトリートメントを使いましょう。
トリートメントには、リンスやコンディショナーよりも美容成分や保湿成分がたくさん配合されています。

シャンプーしてから髪をすすいだ後に、トリートメント剤を毛先中心に塗っていき、3分ほど放置してから、しっかりすすいでおきます。

・洗い流さないトリートメントも使う
トリートメントはシャンプーの後だけではなく、髪を洗ってドライタオルで水分を取ってからも使いましょう。
この時に使うのは、洗い流さないトリートメントです。

8割ほどの水分をタオルで取ったら、洗い流さないトリートメントを毛先をメインに塗っていきます。
これによって、ドライヤーの熱からも守れるので、髪の乾燥を防げます。

特に乾燥がひどいと感じる髪の毛の場合は、ミルクかジェルタイプのトリートメントで保湿した後に、オイルタイプのトリートメントをすると、しっかり髪を守れるのでおすすめです。

・髪の量をうまく減らす
髪の量が多くて広がりやすい人は、美容院に相談してみましょう。
髪の量がどんな風に多いのかを判断した上で、美容師さんがうまく髪の量を減らすためのカットをしてくれます。

いかがでしたか?
ちょっとした日々のスペシャルケアや美容院に相談してみることで、スタイリングしても広がってしまう髪を解決できるかもしれません。
ぜひ、一度試してみてくださいね。


総合ランキングはこちら

あわせて読みたい
それ、自分に合ってる?タイプ別で選ぶ洗い流さないトリートメントの選び方!

しっとりつやつや、きれいな髪に憧れている人は、少なくないのではないでしょうか。 しかし毎日の生活の中で浴びる紫 … “それ、自分に合ってる?タイプ別で選ぶ洗い流さないトリートメントの選び方!”の続きを読む

ロング&ミディアムヘア必見!寝るときにゆるく結んで眠ると美髪になれる!

髪が長いと普段のお手入れも大変ですね。 でも、ロングヘアは女子だからできる髪型でもあるので、サラサラヘアを保ち … “ロング&ミディアムヘア必見!寝るときにゆるく結んで眠ると美髪になれる!”の続きを読む

使い方に注意!髪を傷めないヘアアイロン方法のポイントとは?

ウェーブや巻き髪、クセ毛直しに最適なヘアアイロンは、便利ですが、使い方を間違えると髪を傷める原因になります。 … “使い方に注意!髪を傷めないヘアアイロン方法のポイントとは?”の続きを読む